中古車買取査定においてチェックされる項目

中古車買取査定においてチェックされる項目があります。査定時の主なチェックポイントというのは大体決まっています。外装については、ボディカラー、キズ、汚れをチェックします。ボディカラーは特に査定金額を大きく左右する要素なので、慎重に見ます。

人気のある色なら、査定金額は高くなり、ボディのヘコミやキズ、汚れ、ランプ類、アンテナの破損などもチェックします。内装については、シート、フロアマットをはじめ、内装の汚れをチェックします。汚れがひどく、交換が必要なレベルになっていると査定金額は下がります。タバコやペットのにおいは、マイナス査定になるので要注意です。走行距離も中古車買取査定においてチェックされる重要な項目になります。平均的な年間走行距離は、普通車で約10,000km、軽自動車で8,000kmとされているので、この基準を大きく上回っていると、査定金額は安くなります。エンジン周りも査定士が必ずチェックします。エンジンの異音、プラグの状態、改造パーツの有無、オイル、修復歴の有無などをチェックしていきます。定期点検整備記録簿などもチェックします。オーリスの買取はこちら