車買取

車を放そうという時には過半数、買取と下取りのどちらにするか選択する必要が存するでしょう。それでは一体どちらを選りすぐれば善いのでしょうか。 高く譲りたい時間は、買取一択です。 買取と下取りでは

TRD

TRDの14R-60。筑波で1分をきった86のチューンをベースにしてあるって言うだけでクレイジーな雰囲気。 見た目もイカツイが、乗り味は軽量フライホイール&メタルクラッチで、発進からして難しい。ボディ剛性は

中古車買取業者の見つけ方

10年経過した車なんて日本の中では売却することは困難だと思いますが、海外販売ルートを確保している専門業者ならば、買い取ってくれることがあります。 中古車の価値というのは、人気があるかどうかや色、運転距離、瑕疵の有無などの …

地球は、巨大な磁石らしいです。

千葉時代ができるかも?って見出しが目に入って、何かと思ったら、地質学の話でした。 首都を千葉県に移動させましょうとかだと勘違いしてしまいました。(笑)

逆輸入

スズキは、インドで生産した小型ハッチバック車「バレーノ」を日本で販売した。1983年の生産開始以来、逆輸入での販売は初めてのこと。欧州などでも販売を計画し、小型車市場での販売拡大を目指す。

新型車

新型ロードスターのND型はNA型のユーノスを乗り継いで以来のロードスターだが、イメージが全く崩れて いなかった。ロードスターのプロトタイプに乗ったときから購入を意識し始めた。Sスペシャルパッケージの

自動車の査定を作り出す年月には、スタッドレスタイヤを履きたまま査定してもらうのではなく、標準タイアにしておいた方がお勧めです。 意外かもしれませんが、スタッドレスタイヤは査定にマイナスになる要因です

カリーナ4

カリーナ4 その親切な営業さんの話によるとこの車の持ち主はおじいさんで、実はしばらく前にお亡くなりになられたとのことだった。 その息子夫婦がここのお客さんだったのかは忘れたが、引き取ってほしいと言ってきたらしい。 なので …

セダン海外勢

セダンの衰退は2000年以降続いている。ビッグネームであるスカイライン、アコード、マークX、レガシィB4 などミドルサイズ系が厳しい状況だ。価格的に300万円台がメインとなるこのクラスのライバルは、当然輸入車も